ちゃんねる速報 トップ > エロゲネタ > アンチ虚淵玄スレ52 > キャッシュ - (2020-05-15 01:29:24 解析)

アンチ虚淵玄スレ52

240コメント
2020年05月26日 16時50分 時点
1
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:46:49 ID: 虚淵玄アンチスレです

信者の方は、巣へお帰りください

※信者にかまう人も信者です

次スレは>>950が建てること、建てられない時は要相談

※荒らし対策のため、次スレを立てる方は1行目に「!extend:on:vvvvvv:1000:512」
 と「」内を書き込んでください。

前スレ
アンチ虚淵玄スレ51
https://5ch.today/cache/view/erog/1563456363 VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:: EXT was configured
2
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:50:52 ID: https://5ch.today/cache/view/sfx/1582547334 3
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:51:28 ID: みすった
関連スレ

【パクリ】Nitro+/ニトロプラスアンチスレ5【再生数工作】 [無断転載禁止]cbbspink.com
https://5ch.today/cache/view/hgame/1454676584
※ワッチョイ有り
【パクリ】Nitro+/ニトロプラスアンチスレ5【再生数工作】 [無断転載禁止]cbbspink.com
https://5ch.today/cache/view/hgame/1454581968

※ワッチョイ無し
【ゲロ】魔法少女まどか☆マギカ アンチ専用スレ304【糞】
https://5ch.today/cache/view/ranimeh/1541441023
仮面ライダー鎧武アンチスレ307
https://5ch.today/cache/view/sfx/1582547334

二度と虚淵&ニトロプラスが特撮に来ないよう祈るスレ9 [無断転載禁止]c2ch.net
https://5ch.today/cache/view/sfx/1455621311 4
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:52:43 ID: 虚淵が埋め立ててたから立てた 5
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:53:01 ID: 虚淵死ね 6
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:53:19 ID: ニトロつぶれろ 7
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:53:40 ID: 反社はこの世から消えろ 8
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:54:21 ID: FGOの二部の3章はゴミ以下の汚物 9
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:54:49 ID: パクリ取ったら何も起こらないごみ 10
名無しさん@初回限定 (ワッチョイ eb09-qEOS [210.165.142.22]) 2020/03/14(土) 23:55:59 ID: 虚淵信者は社会不適合者 11
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:35:50 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
塩季界何 Slot
💯👻👻
🎴🎴🎴
💯💯🍜
Gratz!! 100 pts.🚩(LA: 0.24, 0.36, 0.34)
12
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:00 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
記エぢ沖 Slot
💯🎴👻
🌸💯🌸
🎴😜💯
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.20, 0.34, 0.33)
13
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:14 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
棋ゲソ園 Slot
💯👻💯
🎴🎴🍜
💯💯😜
🚩(LA: 0.16, 0.33, 0.33)
14
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:24 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
家屋貴ラ Slot
😜🍜🌸
🌸💯💯
💯🌸😜
🚩(LA: 0.13, 0.31, 0.32)
15
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
管株頑を Slot
💯🎴💯
🌸💰🍜
💰😜😜
🚩(LA: 0.19, 0.32, 0.33)
16
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
演応願刊 Slot
🍒🍜👻
😜💯🌸
🍜🌸💯
Win!! 4 pts.🚩(LA: 0.16, 0.31, 0.32)
17
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:36:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぽ圧り刈 Slot
💯👻💯
🌸🎴🍜
💰💯😜
🚩(LA: 0.14, 0.30, 0.32)
18
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぁ宇涯塊 Slot
💯👻💣
🎴🎴🌸
💯💯👻
🚩(LA: 0.27, 0.32, 0.33)
19
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
巻過冠つ Slot
😜💯🌸
🌸🌸👻
💯🎴🎴
🚩(LA: 0.55, 0.38, 0.35)
20
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
衣悔営ぬ Slot
🍜👻🍜
💣🎴💯
💯💯🍜
🚩(LA: 0.46, 0.36, 0.34)
21
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
箇官憶ョ Slot
💯😜👻
🌸💣🌸
🎴👻💯
🚩(LA: 0.39, 0.35, 0.34)
22
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
稼華ギ猿 Slot
🎴🎴🎴
💯💯🍜
🌸😜💯
Gratz!! 100 pts.🚩(LA: 0.40, 0.36, 0.34)
23
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:37:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
案獲ゃも Slot
😜🍜💯
🌸💯😜
💯🌸👻
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.34, 0.34, 0.33)
24
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
気陰棺セ Slot
🌸😜🌸
💯💣👻
🎴👻🎴
🚩(LA: 0.36, 0.35, 0.33)
25
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
応圧喚棺 Slot
💯💯👻
🎴🌸🎴
💯🎴🍜
🚩(LA: 0.87, 0.45, 0.37)
26
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:27 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぽゲ下渦 Slot
💯👻👻
🌸🎴🌸
🎴💯💯
🚩(LA: 0.73, 0.44, 0.37)
27
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
右間う基 Slot
🍒💯💯
😜😜😜
🍜👻👻
Win!! 14 pts.🚩(LA: 0.62, 0.42, 0.36)
28
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ク褐ダ汚 Slot
🌸💯💣
💯🌸🌸
🎴🎴👻
🚩(LA: 0.60, 0.42, 0.36)
29
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:38:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
患宴逸え Slot
💯👻💯
🌸🎴😜
🎴💯👻
🚩(LA: 0.50, 0.41, 0.36)
30
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
雲ほ勘ょ Slot
💣💯💯
💯😜🍜
🌸👻😜
🚩(LA: 0.43, 0.40, 0.35)
31
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
棋演絵ゼ Slot
🍒🍜💯
😜👻🍜
🍜🎴😜
Win!! 4 pts.🚩(LA: 0.36, 0.38, 0.35)
32
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
界割格軌 Slot
💣🎴🌸
💯💰👻
🌸😜🎴
🚩(LA: 0.38, 0.39, 0.35)
33
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ャ嫁禍汽 Slot
😜💯💯
🌸🌸😜
💯🎴👻
🚩(LA: 0.33, 0.37, 0.34)
34
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嚇火覚ざ Slot
💯🍜💯
🎴💯😜
💯🌸👻
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.30, 0.37, 0.34)
35
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:39:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
沖害害憶 Slot
😜👻💯
🌸🎴😜
💯💯👻
🚩(LA: 0.41, 0.39, 0.35)
36
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゲ界押汚 Slot
💣💯👻
💯🌸💣
🌸🎴🌸
(LA: 0.42, 0.39, 0.35)
37
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
下せ塊夏 Slot
🎴💣🎴
👻👻🍜
🍒🍜💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.35, 0.38, 0.34)
38
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
机願ヒ何 Slot
💣🎴💣
💯💰🌸
🌸😜👻
(LA: 0.38, 0.38, 0.34)
39
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
緩ジ刊ヨ Slot
😜😜🎴
🌸👻🍜
💯💣💯
(LA: 0.40, 0.38, 0.35)
40
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
潟ぺ猿既 Slot
😜💣💣
🌸🍒👻
💯🍜🌸
(LA: 0.34, 0.37, 0.34)
41
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:40:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
沿井敢り Slot
💣🎴😜
💯💯🍜
🌸😜💰
(LA: 0.29, 0.36, 0.34)
42
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
緯バ火器 Slot
💣🍜🍜
💯👻😜
🌸🎴🍜
(LA: 1.36, 0.58, 0.41)
43
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
顔規ヲ寡 Slot
💣🎴👻
💯💯🌸
🌸😜💯
(LA: 1.38, 0.61, 0.43)
44
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
刊滑監轄 Slot
🌸💯👻
💯🌸💣
🎴🎴🌸
OPPAI Ban!! 🖐😝🌸(LA: 1.32, 0.62, 0.43)
45
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
加活介渦 Slot
🍒🍜😜
😜💯🍜
🌸🌸💰
Win!! 4 pts.(LA: 1.21, 0.61, 0.43)
46
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
越営干姻 Slot
💯👻😜
🌸🍜🍜
💰👻💰
(LA: 1.03, 0.59, 0.42)
47
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:41:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
き画益握 Slot
🌸🎴🌸
🎴💯👻
👻😜🎴
(LA: 0.87, 0.57, 0.42)
48
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
院億ル暗 Slot
🎴🎴🍜
💯💰💯
🌸😜🍜
(LA: 0.75, 0.56, 0.41)
49
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
デら且ル Slot
😜💰💣
🍜😜🌸
💣💣👻
(LA: 0.79, 0.57, 0.42)
50
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
もィ缶夏 Slot
👻👻🎴
🍒🎴🍜
😜💯💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.67, 0.55, 0.42)
51
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
株院褐甘 Slot
😜😜💯
🍜👻🍜
💣💣😜
(LA: 0.57, 0.53, 0.41)
52
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
鬼規往看 Slot
💣👻🌸
💯🎴💯
🌸💯😜
(LA: 0.63, 0.55, 0.42)
53
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:42:57 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
閣歓永皆 Slot
🎴💰😜
👻😜🍜
🍒💣💰
Win!! 4 pts.(LA: 0.69, 0.56, 0.42)
54
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
帰縁紀簡 Slot
🌸💣🍜
💯🍒💰
🎴🍜💣
(LA: 0.74, 0.58, 0.43)
55
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:17 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
陰渇ヂ祈 Slot
💰👻🍜
🍒🍜😜
😜👻🍜
Win!! 2 pts.(LA: 1.00, 0.64, 0.45)
56
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:27 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
疫機ぁ輝 Slot
😜🍒💣
🌸🍜👻
💯💯🌸
(LA: 1.00, 0.65, 0.46)
57
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
乙逸温運 Slot
💰💰👻
🍒😜🌸
😜💣💯
Win!! 2 pts.(LA: 1.00, 0.66, 0.46)
58
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゴめオ欧 Slot
🎴😜💰
💯👻💣
🌸💣👻
(LA: 0.84, 0.64, 0.46)
59
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:43:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
轄岸岩賀 Slot
🍒🎴🌸
😜💰👻
🌸😜🎴
Win!! 4 pts.(LA: 0.71, 0.62, 0.45)
60
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
押忌う閣 Slot
🌸💰💣
🎴😜🌸
👻💣👻
(LA: 0.74, 0.62, 0.46)
61
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
たル課ゼ Slot
🍒💣😜
😜🍒👻
🌸🍜💣
Win!! 9 pts.(LA: 0.70, 0.62, 0.46)
62
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
軌れほぺ Slot
💰🌸💣
🍒🎴👻
😜💰🌸
Win!! 2 pts.(LA: 0.59, 0.60, 0.45)
63
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
管影覚化 Slot
💯💣🍜
🌸👻💯
💰🍜🍜
(LA: 0.46, 0.57, 0.44)
64
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
機モ塩ユ Slot
💣🌸👻
💯🎴💣
🌸💰🌸
(LA: 0.42, 0.56, 0.44)
65
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:44:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぁ違一羽 Slot
💯👻🌸
🌸🍜💯
💰👻😜
(LA: 0.43, 0.56, 0.44)
66
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
丸遺宴チ Slot
🌸👻👻
🎴🎴💣
👻💯🌸
(LA: 0.36, 0.54, 0.43)
67
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
械炎べ棄 Slot
💣💯👻
💯🌸🎴
🌸🎴🍜
(LA: 0.31, 0.52, 0.43)
68
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
鑑肝希幾 Slot
💣🍜🍜
💯👻💰
🌸🎴💣
(LA: 0.26, 0.50, 0.42)
69
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
為起刈億 Slot
💯🎴💯
🌸💯🍜
💰😜😜
(LA: 0.36, 0.51, 0.42)
70
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:47 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
喝ヌこ握 Slot
💣🎴🎴
💯💰🍜
🌸😜💯
(LA: 0.31, 0.49, 0.42)
71
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:45:57 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
格懐む課 Slot
🌸🍜👻
💯💯💣
🎴🌸🌸
(LA: 0.26, 0.48, 0.41)
72
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
音棋潟浦 Slot
🍒😜🌸
😜👻💯
🌸💣😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.22, 0.46, 0.41)
73
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:17 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
デごサま Slot
🍒💣🍜
😜👻💰
🌸🍜💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.18, 0.44, 0.40)
74
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
外ザ圧幾 Slot
🌸😜🌸
🎴💣💯
👻👻😜
(LA: 0.24, 0.44, 0.40)
75
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ッむ眼会 Slot
💣🍜😜
💯👻👻
🌸🎴💣
(LA: 0.27, 0.45, 0.40)
76
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感ぶテひ Slot
💣💰🎴
💯😜🍜
🌸💣💯
(LA: 0.23, 0.43, 0.40)
77
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:46:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嚇希隔ぺ Slot
💰👻💣
🍒🎴🌸
😜💯👻
Win!! 2 pts.(LA: 0.27, 0.43, 0.40)
78
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
園ゅ屋影 Slot
💣😜🍜
💯👻💰
🌸💣💣
(LA: 0.29, 0.43, 0.40)
79
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ボ紀プサ Slot
🍒🍜💯
😜💯🍜
🍜🌸😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.24, 0.41, 0.39)
80
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
懐滑ぼき Slot
🌸👻👻
💯🎴🌸
🎴💯💯
(LA: 0.20, 0.40, 0.39)
81
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
円移楽丸 Slot
🌸🎴🌸
💯💰👻
🎴😜🎴
(LA: 0.17, 0.38, 0.38)
82
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嫁卸雨渇 Slot
👻🎴😜
🍒💰👻
😜😜💣
Win!! 2 pts.(LA: 0.15, 0.37, 0.38)
83
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:47:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ジ頑菓環 Slot
🍜🎴👻
💣💯💣
💯😜🌸
(LA: 0.20, 0.38, 0.38)
84
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぷグあ尉 Slot
🍒🍜👻
😜👻🌸
🍜🎴💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.27, 0.39, 0.38)
85
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ニ喜園易 Slot
🎴🎴🍜
💯💯💰
🌸😜💣
(LA: 0.23, 0.37, 0.38)
86
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感灰く園 Slot
🌸👻🍜
💰🍜😜
🍒👻🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.26, 0.38, 0.38)
87
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぶ右掛冠 Slot
🎴🎴🌸
💯💰👻
🌸😜🎴
(LA: 0.30, 0.38, 0.38)
88
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
褐愛姻課 Slot
🌸💣😜
🎴👻🍜
👻🍜💰
(LA: 0.26, 0.37, 0.38)
89
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:48:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
揮幹カ仮 Slot
🎴😜🌸
💯💣💯
🌸👻😜
(LA: 0.22, 0.35, 0.37)
90
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
音敢塩塩 Slot
💯👻👻
🌸💣💣
💰🍒🌸
(LA: 0.26, 0.36, 0.37)
91
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ひ頑ばわ Slot
💰💯🍜
🍒🌸😜
😜🎴🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.22, 0.35, 0.37)
92
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
簡飢つ亜 Slot
💰🎴🍜
🍒💯💯
😜😜🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.19, 0.33, 0.36)
93
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感栄暇園 Slot
😜😜🍜
🌸💣💯
💯👻🍜
(LA: 0.16, 0.32, 0.36)
94
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ビ温褐岩 Slot
💯🍜🌸
🌸💯👻
💰🌸🎴
(LA: 0.15, 0.32, 0.36)
95
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:49:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
学く塊科 Slot
😜🍒💣
🌸🍜👻
💯💯🌸
(LA: 0.12, 0.31, 0.35)
96
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
解基記課 Slot
🎴💣🌸
👻🍒👻
🍒🍜🎴
Win!! 9 pts.(LA: 0.39, 0.36, 0.37)
97
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感一棄寄 Slot
😜😜💯
🍜👻😜
💣💣👻
(LA: 0.33, 0.34, 0.36)
98
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ヨ殻鋭駅 Slot
💣💣😜
💯🍒🍜
🌸🍜💰
(LA: 0.35, 0.35, 0.36)
99
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ァ鬼一く Slot
🌸😜💯
🎴👻😜
👻💣👻
(LA: 0.37, 0.35, 0.36)
100
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
界え官哀 Slot
👻💣👻
🍒👻🌸
😜🍜💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.31, 0.34, 0.36)
101
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:50:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
位蚊夏勧 Slot
💣💰🌸
💯😜👻
🌸💣🎴
(LA: 0.27, 0.33, 0.35)
102
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
劾せ滑ベ Slot
💰💣😜
🍒🍒👻
😜🍜💣
Win!! 7 pts.(LA: 0.22, 0.32, 0.35)
103
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
岩めぱ堪 Slot
💰💣💯
🍒👻😜
😜🍜👻
Win!! 2 pts.(LA: 0.34, 0.34, 0.36)
104
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぽ駅央シ Slot
💰💰🍜
🍒😜😜
😜💣🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.29, 0.33, 0.35)
105
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
患たゃァ Slot
💣🍜😜
💯💯🍜
🌸🌸💰
(LA: 0.32, 0.33, 0.35)
106
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
コだ加フ Slot
🌸💯💯
💯😜🍜
🎴👻😜
(LA: 0.32, 0.33, 0.35)
107
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:51:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
緯嫁懐ケ Slot
💣💯🍜
💯🌸💯
🌸🎴🍜
(LA: 0.29, 0.33, 0.35)
108
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
寄記謁穫 Slot
🍒👻😜
😜💣🍜
🍜🍒💰
Win!! 4 pts.(LA: 0.25, 0.31, 0.34)
109
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嫁角劾絵 Slot
💰🍜🍜
🍒👻💯
😜🎴🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.21, 0.30, 0.34)
110
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
沖岳ざギ Slot
💰🌸🍜
🍒🎴💯
😜💰🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.18, 0.29, 0.33)
111
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
医嚇渇雨 Slot
🌸😜😜
💯💣👻
🎴👻💣
(LA: 0.15, 0.28, 0.33)
112
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ケ掛何岳 Slot
💰👻😜
🍒🎴👻
😜💯💣
Win!! 2 pts.(LA: 0.13, 0.27, 0.33)
113
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:52:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
環棋井羽 Slot
😜💣🍜
🍜🍒😜
💣🍜🍜
(LA: 0.27, 0.30, 0.33)
114
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
哀滑シ悔 Slot
😜🎴💣
🍜💰🌸
💣😜👻
(LA: 0.30, 0.30, 0.33)
115
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
移えぃつ Slot
🌸💯😜
🎴🌸👻
👻🎴💣
(LA: 0.25, 0.29, 0.33)
116
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
レ科可永 Slot
💰💣🌸
🍒👻👻
😜🍜🎴
Win!! 2 pts.(LA: 0.21, 0.28, 0.33)
117
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
冠屋何詠 Slot
🌸🎴👻
💰💯💣
🍒😜🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.18, 0.27, 0.32)
118
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ヘヒぶ委 Slot
😜🍒💰
🌸🍜💣
💯💯👻
(LA: 0.15, 0.26, 0.32)
119
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:53:57 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ご且偽ッ Slot
💣💣💯
💯🍒🍜
🌸🍜😜
(LA: 0.13, 0.25, 0.31)
120
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ま鬼戒幹 Slot
🎴💯😜
👻🌸🍜
🍒🎴💰
Win!! 4 pts.(LA: 0.11, 0.25, 0.31)
121
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
れ皆ごオ Slot
🌸🌸😜
💯🎴🍜
🎴💰💰
(LA: 0.09, 0.24, 0.31)
122
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
て顔芋偉 Slot
💯🍜🌸
🌸👻👻
💰🎴🎴
(LA: 0.08, 0.23, 0.30)
123
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
囲ヌノケ Slot
🌸💰👻
💯😜💣
🎴💣🌸
(LA: 0.06, 0.22, 0.30)
124
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
輝院ぁ遺 Slot
🌸🍜💣
🎴👻🌸
👻🎴👻
(LA: 0.20, 0.25, 0.31)
125
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:54:57 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
且穏陰佳 Slot
😜😜👻
🌸👻🌸
💯💣💯
(LA: 0.17, 0.24, 0.30)
126
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
育育寡監 Slot
🌸🍒👻
💰🍜🌸
🍒💯💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.36, 0.28, 0.32)
127
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぽざ掛ぬ Slot
🍒💣🍜
😜🍒💰
🌸🍜💣
Win!! 9 pts.(LA: 0.39, 0.28, 0.32)
128
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
界勧隔と Slot
🌸🍒👻
💰🍜🎴
🍒💯🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.49, 0.31, 0.33)
129
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
が活各ゴ Slot
😜💣👻
🍜👻🌸
💣🍜💯
(LA: 0.45, 0.30, 0.32)
130
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
マ絵ス涯 Slot
🍜👻👻
💣🍜💣
💯👻🌸
(LA: 0.35, 0.29, 0.32)
131
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:55:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ダ確キ拡 Slot
🌸👻💣
🎴🎴🌸
👻💯👻
(LA: 0.40, 0.30, 0.32)
132
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
快きべよ Slot
💣🌸😜
💯🎴👻
🌸💰💣
(LA: 0.41, 0.30, 0.32)
133
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
忌街た閣 Slot
💣🎴🌸
💯💰👻
🌸😜🎴
(LA: 0.43, 0.31, 0.33)
134
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:25 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
け引荷拡 Slot
🍒👻💯
😜🎴😜
🍜💯👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.36, 0.30, 0.32)
135
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:35 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
潟ヅ架違 Slot
🍜💯💣
💣😜👻
💯👻🌸
(LA: 0.31, 0.29, 0.32)
136
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
為す感頑 Slot
🌸💣💣
💯👻👻
🎴🍜🌸
(LA: 0.34, 0.30, 0.32)
137
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:56:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
花階穏め Slot
🌸💣😜
💯🍒👻
🎴🍜💣
(LA: 0.29, 0.29, 0.32)
138
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
詠慨稼育 Slot
🌸👻💣
💯🍜🌸
🎴👻👻
(LA: 0.31, 0.29, 0.32)
139
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:14 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
園遺ノせ Slot
🌸🍜👻
💯👻💣
🎴🎴🌸
(LA: 0.27, 0.28, 0.31)
140
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:24 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
映め課加 Slot
🌸💰💯
💯😜😜
🎴💣👻
(LA: 0.38, 0.31, 0.32)
141
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:34 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
栄ぶヤ煙 Slot
💰🎴👻
🍒💰🌸
😜😜💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.39, 0.31, 0.32)
142
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:44 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
解にポ拡 Slot
🍒💰🍜
😜😜😜
🌸💣🍜
Win!! 14 pts.(LA: 0.41, 0.32, 0.33)
143
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:57:54 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぢ過ゆギ Slot
👻🍜🌸
🍒💯👻
😜🌸🎴
Win!! 2 pts.(LA: 0.35, 0.31, 0.32)
144
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:03 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
看壱沿ゾ Slot
👻👻🍜
🍒🍜💯
😜👻🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.69, 0.38, 0.35)
145
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:13 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
宴因壊ガ Slot
🌸👻👻
💰🎴🌸
🍒💯💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.59, 0.37, 0.34)
146
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:23 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
維ぽ為デ Slot
🍒😜😜
😜👻👻
🌸💣💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.58, 0.37, 0.34)
147
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:33 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
一詠岸ゅ Slot
💣🎴👻
💯💰💣
🌸😜🌸
(LA: 0.49, 0.36, 0.34)
148
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:43 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
覚域縁期 Slot
😜🎴🌸
🌸💰💯
💯😜😜
(LA: 0.49, 0.36, 0.34)
149
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:58:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
活ホ往嚇 Slot
🎴🎴😜
👻💯👻
🍒😜💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.50, 0.37, 0.34)
150
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:03 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
海ポた扱 Slot
😜😜🍜
🍜👻😜
💣💣🍜
(LA: 0.46, 0.36, 0.34)
151
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
寛ざ慰づ Slot
😜🍒🌸
🌸🍜👻
💯💯🎴
(LA: 0.39, 0.35, 0.33)
152
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
マゅ岩械 Slot
💰💯👻
🍒😜💣
😜👻🌸
Win!! 2 pts.(LA: 0.33, 0.33, 0.33)
153
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
キ翁眼姻 Slot
😜💰💯
🌸😜😜
💯💣👻
(LA: 0.28, 0.32, 0.33)
154
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
羽簡奥改 Slot
😜🍜💰
🍜💯💣
💣🌸👻
(LA: 0.23, 0.31, 0.32)
155
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 08:59:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
基な院隠 Slot
💣💣🌸
💯🍒👻
🌸🍜🎴
(LA: 0.20, 0.30, 0.32)
156
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
逸間飲一 Slot
🌸💣👻
🎴🍒🎴
👻🍜🍜
(LA: 0.24, 0.31, 0.32)
157
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぎ因遺維 Slot
🌸🍜🌸
🎴👻👻
👻🎴🎴
(LA: 0.20, 0.30, 0.32)
158
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ァ棄パ期 Slot
🌸🎴💰
💯💯💣
🎴😜👻
(LA: 0.32, 0.32, 0.32)
159
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ルぎめ格 Slot
🎴👻💯
💯💣🍜
🌸🍒😜
(LA: 0.35, 0.33, 0.33)
160
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
す貨案ぷ Slot
👻🌸👻
🍒🎴🌸
😜💰💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.30, 0.31, 0.32)
161
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:00:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
悦額羽移 Slot
🌸😜👻
💯💣🎴
🎴👻🍜
(LA: 0.25, 0.30, 0.32)
162
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
貴も沖夏 Slot
🌸💣💣
💰👻🌸
🍒🍜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.21, 0.29, 0.31)
163
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
貫む稲タ Slot
🍒🎴💯
😜💰😜
🌸😜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.18, 0.28, 0.31)
164
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
賀お違因 Slot
🍒👻👻
😜💣🌸
🍜🍒💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.23, 0.29, 0.31)
165
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
改グ科永 Slot
🍒👻🍜
😜🎴💯
🌸💯🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.20, 0.28, 0.31)
166
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぱエ殴ハ Slot
😜🎴💯
🍜💰🍜
💣😜😜
(LA: 0.17, 0.27, 0.30)
167
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:01:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
稼確勧火 Slot
🌸😜🍜
💯💣😜
🎴👻🍜
(LA: 0.20, 0.27, 0.30)
168
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
に寄家鉛 Slot
🎴💰🌸
💯😜👻
🌸💣🎴
(LA: 0.33, 0.30, 0.31)
169
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
揮ぉ韻へ Slot
🌸💣💣
💯👻🌸
🎴🍜👻
(LA: 0.35, 0.30, 0.31)
170
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
管賀雲郭 Slot
🌸🍒💯
💯🍜🍜
🎴💯😜
(LA: 0.45, 0.32, 0.32)
171
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぁク開悦 Slot
🌸🎴🍜
💯💰💯
🎴😜🍜
(LA: 0.46, 0.33, 0.32)
172
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
穫沖ぜ寡 Slot
💯👻💯
🌸💣🍜
💰🍒😜
(LA: 0.39, 0.32, 0.32)
173
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:02:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
詠遺ぼだ Slot
🌸😜💯
🎴💣🍜
👻👻😜
(LA: 0.33, 0.31, 0.32)
174
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ベ確んか Slot
💣🌸🎴
💯🎴🍜
🌸💰💯
(LA: 0.36, 0.31, 0.32)
175
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感顔慰が Slot
💰🌸🌸
🍒🎴👻
😜💰🎴
Win!! 2 pts.(LA: 0.38, 0.32, 0.32)
176
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
関ゾ街サ Slot
🌸🍒👻
🎴🍜💣
👻💯🌸
(LA: 0.55, 0.36, 0.33)
177
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
刊棄ビ華 Slot
🍒😜💯
😜👻😜
🌸💣👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.47, 0.34, 0.33)
178
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ユポ威煙 Slot
🍒🍜💰
😜💯💣
🍜🌸👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.48, 0.35, 0.33)
179
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:03:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
よ絵干泳 Slot
🌸👻💯
💯🎴🍜
🎴💯😜
(LA: 0.48, 0.35, 0.33)
180
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
炎び軌な Slot
😜🍜🎴
🌸💯🍜
💯🌸💯
(LA: 0.49, 0.36, 0.33)
181
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
サヒセ央 Slot
🌸😜🍜
💯👻💰
🎴💣💣
(LA: 0.49, 0.36, 0.34)
182
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
レぎ院寛 Slot
💰🍒🍜
🍒🍜💯
😜💯🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.50, 0.37, 0.34)
183
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
器依款タ Slot
💯👻👻
🌸🍜💣
💰👻🌸
(LA: 0.49, 0.37, 0.34)
184
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
せピ円引 Slot
💣👻🍜
💯🍜💯
🌸👻🍜
(LA: 0.42, 0.36, 0.33)
185
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:04:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
囲らや缶 Slot
🌸💣😜
💯🍒👻
🎴🍜💣
(LA: 0.35, 0.35, 0.33)
186
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
岸液ゃパ Slot
🌸🍜🍜
💯💯💰
🎴🌸💣
(LA: 0.30, 0.33, 0.33)
187
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ネこス横 Slot
🌸👻🍜
💯💣💰
🎴🍒💣
(LA: 0.41, 0.36, 0.33)
188
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:20 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
憾ド悔階 Slot
🍒💰🍜
😜😜💯
🌸💣🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.43, 0.36, 0.33)
189
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:30 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
軌殻べ偽 Slot
🍒🎴👻
😜💰💣
🍜😜🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.60, 0.40, 0.35)
190
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:40 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
殴ぁスデ Slot
🌸👻😜
💰🎴👻
🍒💯💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.58, 0.40, 0.35)
191
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:05:50 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
恩官岳ゾ Slot
👻💣🎴
🍒👻🍜
😜🍜💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.49, 0.39, 0.34)
192
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ツ汗賀ッ Slot
💯👻💰
🌸🎴💣
💰💯👻
(LA: 0.41, 0.37, 0.34)
193
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
核奥る観 Slot
🌸💣💯
💯👻😜
🎴🍜👻
(LA: 0.42, 0.38, 0.34)
194
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
怪期尉ま Slot
🌸👻🌸
💰🍜💯
🍒👻😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.36, 0.36, 0.33)
195
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
郭汽塊缶 Slot
😜🍜💣
🌸💯👻
💯🌸🌸
(LA: 0.30, 0.35, 0.33)
196
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
海羽塊億 Slot
🎴😜🍜
💯👻💰
🌸💣💣
(LA: 0.33, 0.36, 0.33)
197
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:06:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ピジユ害 Slot
👻💣😜
🍒🍒👻
😜🍜💣
Win!! 7 pts.(LA: 0.28, 0.34, 0.33)
198
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:00 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
基換ぶゲ Slot
🎴🎴👻
👻💯🎴
🍒😜🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.54, 0.39, 0.35)
199
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
応ウ亜院 Slot
🎴👻💯
💯💣😜
🌸🍒👻
(LA: 0.46, 0.38, 0.34)
200
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:20 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
で勧尉鑑 Slot
🍜👻💣
💣🎴👻
💯💯🌸
(LA: 0.42, 0.37, 0.34)
201
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:30 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
歓河刈越 Slot
💰🎴💰
🍒💯💣
😜😜👻
Win!! 2 pts.(LA: 0.43, 0.38, 0.34)
202
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:40 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
害ニ猿ゃ Slot
🍜💰🍜
💣😜😜
💯💣🍜
(LA: 0.44, 0.38, 0.34)
203
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:07:50 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
映つ回ミ Slot
🍜🌸🍜
💣🎴💰
💯💰💣
(LA: 0.37, 0.37, 0.34)
204
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
囲概を囲 Slot
🌸😜🌸
🎴💣👻
👻👻🎴
(LA: 0.53, 0.40, 0.35)
205
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
何扱卸ぐ Slot
😜👻👻
🍜🎴💣
💣💯🌸
(LA: 0.44, 0.38, 0.34)
206
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
郭押儀維 Slot
😜🍜👻
🌸💯🌸
💯🌸💯
(LA: 0.46, 0.39, 0.34)
207
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
き宜欧記 Slot
🎴🍜💣
💯👻👻
🌸🎴🌸
(LA: 0.39, 0.37, 0.34)
208
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
テ箇刈グ Slot
🌸👻💯
🎴🍜😜
👻👻👻
Win!! 10 pts.(LA: 0.33, 0.36, 0.33)
209
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:08:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
も器閑温 Slot
💣👻👻
💯💣🌸
🌸🍒💯
(LA: 0.27, 0.35, 0.33)
210
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
何垣胃ふ Slot
🍒😜🌸
😜👻👻
🍜💣🎴
Win!! 4 pts.(LA: 0.39, 0.37, 0.34)
211
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
そ意机ょ Slot
💰👻😜
🍒🍜🍜
😜👻💰
Win!! 2 pts.(LA: 0.33, 0.36, 0.33)
212
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
グ革緩ク Slot
💣💣🌸
💯🍒💯
🌸🍜😜
(LA: 0.28, 0.35, 0.33)
213
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
課バ塊か Slot
🌸👻😜
💯🎴🍜
🎴💯💰
(LA: 0.24, 0.33, 0.32)
214
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
我ケシォ Slot
👻🌸🌸
🍒🎴👻
😜💰🎴
Win!! 2 pts.(LA: 0.33, 0.35, 0.33)
215
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:09:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
援荷官寄 Slot
🍒🍜💯
😜💯😜
🍜🌸👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.38, 0.36, 0.33)
216
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
隠安渇漢 Slot
🍒😜🍜
😜👻💰
🍜💣💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.30, 0.34, 0.33)
217
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
マギ寒レ Slot
💯😜💯
🌸👻😜
💰💣👻
(LA: 0.25, 0.33, 0.32)
218
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
愛た街海 Slot
💣🎴👻
💯💯🌸
🌸😜💯
(LA: 0.21, 0.32, 0.32)
219
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぇぜ還ゆ Slot
🌸💣💣
💯🍒🌸
🎴🍜👻
(LA: 0.26, 0.32, 0.32)
220
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
違ひ芋き Slot
🍜💣💣
💣🍒🌸
💯🍜👻
(LA: 0.22, 0.31, 0.32)
221
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:10:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ヲ希芽会 Slot
🌸💯💯
💰🌸😜
🍒🎴👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.19, 0.30, 0.31)
222
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:11:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
はクの延 Slot
🌸🎴🎴
💯💯🍜
🎴😜💯
(LA: 0.40, 0.34, 0.33)
223
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:11:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
革岸価緯 Slot
😜👻🌸
🌸🎴💯
💯💯😜
(LA: 0.24, 0.31, 0.32)
224
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:11:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
較机移井 Slot
💰💣🍜
🍒🍒😜
😜🍜🍜
Win!! 7 pts.(LA: 0.28, 0.31, 0.32)
225
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:11:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
移易るゆ Slot
💣🍜👻
💯👻💣
🌸🎴🌸
(LA: 0.24, 0.30, 0.31)
226
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:03 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
みモチヂ Slot
🎴👻👻
👻🍜💣
🍒👻🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.20, 0.29, 0.31)
227
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:13 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
雲屋寄戒 Slot
🎴🌸🌸
👻🎴💯
🍒💰😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.17, 0.28, 0.31)
228
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:23 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
違巻お棄 Slot
😜🍒🍜
🌸🍜💯
💯💯🍜
(LA: 0.22, 0.29, 0.31)
229
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
パゃなろ Slot
🍒💯👻
😜🌸💣
🌸🎴🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.26, 0.29, 0.31)
230
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ミ改液横 Slot
👻🌸🌸
🍒🎴💯
😜💰😜
Win!! 2 pts.(LA: 0.29, 0.30, 0.31)
231
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:12:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
額貴頑み Slot
💣🎴😜
💯💯🍜
🌸😜💰
(LA: 0.33, 0.31, 0.31)
232
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ク往うへ Slot
👻👻👻
🍒💣🎴
😜🍒🍜
Win!! 12 pts.(LA: 0.43, 0.33, 0.32)
233
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
鑑ぞベ違 Slot
🍒💰💣
😜😜👻
🍜💣🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.44, 0.33, 0.32)
234
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
凹モ可嚇 Slot
🍒🌸💰
😜🎴💣
🍜💰👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.37, 0.32, 0.32)
235
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
壊患な賀 Slot
🌸🎴💣
💰💯🌸
🍒😜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.39, 0.33, 0.32)
236
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
営括ゴモ Slot
🍜💣👻
💣🍒💣
💯🍜🌸
(LA: 0.41, 0.33, 0.32)
237
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:13:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
灰穫ダむ Slot
🍒🎴💰
😜💰💣
🍜😜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.42, 0.34, 0.33)
238
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:14:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
火稲環下 Slot
👻🍜👻
🍒💯💣
😜🌸🌸
Win!! 2 pts.(LA: 0.36, 0.33, 0.32)
239
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:14:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
きシ垣機 Slot
🍜💰🍜
💣😜😜
💯💣🍜
(LA: 0.38, 0.33, 0.32)
240
名無しさん@初回限定 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイ a732-e56t [126.65.143.175]) 2020/03/15(日) 09:14:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
患堪ズク Slot
💣💯👻
💯🌸🌸
🌸🎴💯
(LA: 0.32, 0.32, 0.32)
新着レスの表示

ちゃんねる速報 トップ > エロゲネタ > アンチ虚淵玄スレ52 > キャッシュ - (2020-05-15 01:29:24 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼